2015年04月11日

テクノロジーとリベラルアーツの結婚!見えない未来が見える人の言葉

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「テクノロジーとリベラルアーツの結婚!見えない未来が見える人の言葉」についてお伝えします。


かつてホンダの創業者、本田宗一郎氏は「哲学なき行動は凶器であり、行動なき哲学は無価値である」と語りました。

また、米アップルの前CEO、故スティーブ・ジョブズ氏はタブレットの発売に際して「テクノロジーとリベラルアーツの結婚」という言い方をしました。


150411_テクノロジーと教養.jpeg
Technology & Liberal arts



これらの言葉から、イノベーションへの挑戦は時代を超えた本質を示すリベラルアーツ(教養)に支えられているということが分かります。

哲学や歴史を学び、大局観を掴むことができる人にこそ、見えない未来が見えてくるのです。



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

2014年09月27日

個々が独立した上でのネットワークを構成単位とする社会へなっていく

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「個々が独立した上でのネットワークを構成単位とする社会へなっていく」についてお伝えします。


21世紀は、組織ではなく、ネットワークを構成単位とする社会が中心となっていきます。

世界的な経営学者であるジム・コリンズ氏がこう語っています。


既に今日の世界では「コネクティビティー(相互接続性)」がキーワードになりつつあります。

ソーシャルメディアや、その背後にあるインターネットの膨張を見れば、それは明らかです。

組織であれば、「マネージする(管理する)」ことが重要なのですが、ネットワークであれば「リードする(指導する)」ことがポイントになると思います。

組織と違い、ネットワーク内では、他人に対して何の権限も持っておらず、管理ができないからです。



140927_コネクティビティー.jpeg
−組織の時代からネットワークの時代へ−



これまでの社会は、組織を構成単位とするものでした。

しかし、これからの社会は、個々が独立した上でのネットワークを構成単位とする社会になっていきます。

そうなってくると、必然的に組織を統制していた管理者の存在は不用となってきます。

これからの時代に必要なのは、マネージャー(管理者)ではなく、リーダー(指導者)です。



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

2014年08月02日

GoogleのブログBloggerを始めたら世界43カ国の人々が見にきてくれた!

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「GoogleのブログBloggerを始めたら世界43カ国の人々が見にきてくれた!」についてお伝えします。


世界中に繋がっているインターネット。

しかし、パソコンでもスマホでも、使っていて世界を感じることってありますか?

僕はほとんどありませんでした。


ブログを始めるまでは。


僕はブログを週に1回程度投稿しています。

とは言っても、それだけで世界を感じることはありません。


では、どんな時に世界を感じるかというと「アクセス解析」した時ですね。

ただ、無料ブログに標準搭載されているアクセス解析だと、国別・地域別の解析はまずしてくれませんので、「Googleアナリティクス」などを導入する必要があります。


それで、Googleアナリティクスの解析結果を見ていると、こんな国にいる人から見られているのか!と驚きます。

今まで、僕のブログを見に来てくれた人がいる海外の国を示すと、

・アメリカ合衆国
・カナダ
・ブラジル
・エクアドル
・コロンビア
・パラグアイ
・ベネズエラ
・ペルー
・コスタリカ
・パナマ
・イギリス
・イタリア
・オランダ
・ドイツ
・フランス
・スペイン
・ウクライナ
・ベルギー
・ベラルーシ
・アイルランド
・フィンランド
・ノルウェー
・リトアニア
・南アフリカ
・エジプト
・パレスチナ
・ガーナ
・ケニア
・オーストラリア
・中国
・香港
・韓国
・台湾
・イラク
・インドネシア
・マレーシア
・シンガポール
・タイ
・ベトナム
・フィリピン
・カンボジア
・ネパール
・ミャンマー

43カ国にも及びます。


そして、海外から僕のブログを見てくれた人の中に、僕のメルマガに登録してくれた人もいるんです。

僕のメルマガが、海外に向けても発信されているかと思うと、ちょっと感動します。


それで、世界から見られ易い無料ブログサービスがあります。

それは何かというと、Googleが提供している無料ブログサービスの『Blogger』です。


独立、起業、Blogger


やはり、世界を網羅しているGoogleだからでしょう、え?という国の人が見に来てくれたりします。

これは『Blogger』じゃないと、ありえないと思いますね。

Seesaaブログや、その他国内の無料ブログサービスは、国内では盛り上がるでしょうが、他の日本のサービスと同じく、国内だけで特殊化した状態となり、世界と繋がることはでき難いと思います。


あと、無料ブログは運営元の意向によって、いきなり消されたりする危険性があるので、「WordPress」にしようという話が巷に溢れていますが、僕は最初はオススメできませんね。

独自ドメインを取得したり、レンタルサーバーを借りたりと無料じゃなかったり、インストールが初心者には難しかったりという理由もありますが、一番大きな理由は、「最初は誰も見に来てくれない」ということですね。

「WordPress」は、最初は“孤島”ですよ。

日本国内だって、誰も見に来てくれませんからね。

誰も見に来てくれないと、ブログを書くモチベーションが続きません。。


それに比べて『Blogger』は、Google大陸のサービスです。

Google大陸=世界大陸ですからね!


しかも『Blogger』は、Googleのサービスらしく、UI(※)がごちゃごちゃしてなくて、本当にシンプルで使い易いです。

※UI(ユーザーインターフェース)・・・ユーザーに対する対する情報の表示様式や、ユーザーのデータ入力方式を規定する、コンピュータシステムの「操作感」のこと。


「Googleアナリティクス」も標準搭載ですしね。

他にも、Googleらしい、遊びではなくビジネス向けの機能が満載で、これは本当にオススメの無料ブログサービスです。

グローバル時代を身近に肌で感じる為にも、Google大陸が提供するサービス『Blogger』を始めてみませんか?


ちなみに、僕のBloggerはこちらです。

http://appotoco.blogspot.jp/



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。