2015年11月16日

僕より収入が低い人が、僕より仕事がとてもできる現象についての考察

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「僕より収入が低い人が、僕より仕事がとてもできる現象についての考察」についてお伝えします。


別に僕がたいして稼いでいるわけではありませんが、僕より仕事をたくさんしたり、僕より仕事ができる人が、僕より収入が低い現象が多々あります。

その直接的な理由は、自分で会社を興しているのか、他人の作った会社に雇われているかの違いです。

自分で会社を興せば、そして僕のように従業員を雇わなければ、取引先からの支払額が丸々自分のポケットに入るわけです。

(もちろん税金等ありますから、全部丸々ってわけじゃないですよ)

他人の作った会社に雇われていれば、自分が行った取引による顧客からの支払額に関係なく、会社独自の評価によって給料が勝手に決められるわけです。

その勝手に決められた給料の額が、僕が行った取引による顧客からの支払額より低いと、僕より仕事をたくさんしたり、仕事ができるのに、僕より収入が低いという逆転現象が起きるのです。


151116_逆転.jpg
仕事量と収入の逆転現象が起きる



で、こういうことを言うと、じゃあ俺も会社を興すぞー!

という人が出てくるかというと、そういう人は滅多にいませんね。

なぜか?

他人の作った会社に雇われている状態を辞める勇気がないからです。

自分で起業するリスクを冒せないからです。

ということで、こういう逆転現象が起きる根本的な原因は、僕より勇気がないから、リスクを冒せないからです。

仕事をたくさんするよりも、仕事ができるようになるよりも、勇気を出す、リスクを冒すことの方が大きな収入を生み出します。

勇気は黄金になる!!



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

2015年08月01日

素振りばかりしていて打席に立たないと、永遠にヒットは打てないけど

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「素振りばかりしていて打席に立たないと、永遠にヒットは打てないけど」についてお伝えします。


素振りばかりしていて打席に立たないと、永遠にヒットは打てない。

けれども、素振りもしないと、打席に立ってもヒットは打てない。

要はインプットとアウトプットのバランスですね。


何か事を起こしたい時、その事に対してインプットばかりしていても、結果は出ません。

かといって、アウトプットばかりしていても、大した事は出来ません。


良い結果を出すためには、両方のバランスが大切なのですが、多くの人は、アウトプットのためにインプットをします。

「え?それって当たり前なんじゃないの?!」

と思われるかもしれませんが、僕は違います。


僕はどうしているかとうと、インプットのためにアウトプットをしています

そして、こっちの方が、圧倒的に効率が良いです。

なぜか?

それは、結果を出すイメージがついた上で「それに必要な」インプットだけを効率よく行うようになるからです。


150801_素振り.gif
効率良く結果を出すには?



まず、素振りなんてせずに、打席に立ちます。

そうすると、空振りばかりで球を打てません。

が、実際に打席に立って球筋を見たり雰囲気を味わったので、素振りをする時にイメージがめちゃめちゃつきます。

そんなイメージの中で行う素振りは、大きな効果があるのです。


しかし、打席に立ったことがないのに、素振りばかりしていても、実際に球筋を見たこともないし、雰囲気もつかめていないので、トンチンカンなことを多々していたりするわけです。


抽象的な話しでしが、まずはやってみる。

そして自分にとって本当に「必要」なことだけを学ぶ。

これが効率よく結果を出す秘訣ですね。



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

2015年06月20日

不安を感じるのは悪いことじゃない。不安があるからこそ、頑張れる!

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「不安を感じるのは悪いことじゃない。不安があるからこそ、頑張れる!」についてお伝えします。


今まで慣れ親しんだ環境を捨てて、何か新しいことをする時に、希望よりも不安を感じる人の方が多いでしょう。

例えば、独立・起業するとなると、圧倒的に不安を感じる人が多いと思います。

人は何かを得るよりも、今あるものを失うことの方に意識が大きく傾くものなので、それは無理もありません。

けれども、僕はこう思うんです。

「不安があるからこそ、めちゃめちゃ頑張れる」と。

そして、その頑張りが、大きな自己成長を促し、今までにない結果をもたらしてくれるのです。


150620_不安.jpg
不安を感じるのは悪いことじゃない



不安がないって、現状維持ですよね。

現状維持って、実は衰退が始まっているんです。

よく考えてみれば、自己成長していく方と、衰退していく方と、どちらが長い目でみたら「不安」でしょうか?

不安はめちゃめちゃ頑張れる原動力となる。

不安が大きければ大きいほど、大きく頑張れる。

これは僕の経験から導き出した真実です。

不安を感じることは、悪いことでもなんでもなくて、むしろ良いことだと思います。



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。