2015年11月16日

僕より収入が低い人が、僕より仕事がとてもできる現象についての考察

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「僕より収入が低い人が、僕より仕事がとてもできる現象についての考察」についてお伝えします。


別に僕がたいして稼いでいるわけではありませんが、僕より仕事をたくさんしたり、僕より仕事ができる人が、僕より収入が低い現象が多々あります。

その直接的な理由は、自分で会社を興しているのか、他人の作った会社に雇われているかの違いです。

自分で会社を興せば、そして僕のように従業員を雇わなければ、取引先からの支払額が丸々自分のポケットに入るわけです。

(もちろん税金等ありますから、全部丸々ってわけじゃないですよ)

他人の作った会社に雇われていれば、自分が行った取引による顧客からの支払額に関係なく、会社独自の評価によって給料が勝手に決められるわけです。

その勝手に決められた給料の額が、僕が行った取引による顧客からの支払額より低いと、僕より仕事をたくさんしたり、仕事ができるのに、僕より収入が低いという逆転現象が起きるのです。


151116_逆転.jpg
仕事量と収入の逆転現象が起きる



で、こういうことを言うと、じゃあ俺も会社を興すぞー!

という人が出てくるかというと、そういう人は滅多にいませんね。

なぜか?

他人の作った会社に雇われている状態を辞める勇気がないからです。

自分で起業するリスクを冒せないからです。

ということで、こういう逆転現象が起きる根本的な原因は、僕より勇気がないから、リスクを冒せないからです。

仕事をたくさんするよりも、仕事ができるようになるよりも、勇気を出す、リスクを冒すことの方が大きな収入を生み出します。

勇気は黄金になる!!



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。