2015年04月04日

金をやるから命を出せ!といわれたら、全員がイヤというと思います…

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「金をやるから命を出せ!といわれたら、全員がイヤというと思います…」についてお伝えします。


新年度がスタートしましたね。

僕が2011年3月末をもって脱サラしてから4年が経ち、独立5年目がスタートしました。

この4年間の間に本当に色々なことが起きました。

辛く苦しいことも多々あれば、嬉しく楽しいことも多々ありました。

だた一つだけ言えることがあるとすれば、それは独立・起業して本当に良かったということです。

何が良かったかって、独立したことによる得られた「自由」は何ものにも代えがたいですよ。

それこそ僕が求めていたものです。

そしてこれは金では買えないものです。

自分で考えて行動して勝ち取るしかありません。


150404_sakura.jpg
桜が綺麗な季節ですね



新年度から就職して働き始めた若者も多いと思います。

まずは頑張って働くのが大切だと思いますが、就職の本質を本田健さんの言葉を借りて説明しておきます。


「金をやるから命を出せ!」といわれたら、全員がイヤというと思います。

しかし、多くの人は、「金をやるから、その代わりに命を貸せ」というリクエストにはこたえてしまっているのです。

それが、就職の本質です。




ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415945439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。