2015年03月21日

タトゥー入りの外国人は入浴許可or禁止?日本の温泉業界が揺れている

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「タトゥー入りの外国人は入浴許可or禁止?日本の温泉業界が揺れている」についてお伝えします。


何故か弟が全身タトゥーにはまり始め、お金を費やすようになった。

必死に辞めさせようと説得を試みて、半端ない口論になった…


という夢をみて目覚めました。

…夢で本当に良かった。


150321_全身タトゥー.jpg
全身タトゥー



先日ニュースで、タトゥーのある外国人旅行者が日本に来て温泉に入ろうとしたところ、タトゥーのある人は入浴禁止にされ、そんなことは事前に知らずに憤慨しているという場面を見ました。

外国でタトゥーは珍しくない文化でファッションです。

しかし、そうではない日本。

外国人旅行者を増やしたい日本ですが、温泉を楽しみにしているタトゥー入りの外国人にどう対応するのか、温泉業界が揺れている的なニュースでした。

それを見て、「別にタトゥーあってもいいじゃん、心の狭い日本人だな〜」なんて思いましたが、いざ自分の身近で大切な人がタトゥーを入れた時の抵抗感に自分で驚きました。

そして、タトゥー問題は一朝一夕で解決できるものでは無いなと強く思いました。


テキトーに見流している数あるニュースも自分の身近な例に置きかえると真剣に考え出すものですね。

あー、しかし夢でよかった。

あんなに真面目な弟が、全身タトゥーにはまり散財し始めるなんて本当に悪夢でした。



ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
週1回メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。