2012年12月29日

演繹(えんえき)的思考と帰納(きのう)的思考の違いを解説してみる!

天空の城ビジネスセッション(TBS)に参加して、
会社に雇われないライフスタイルを実現させよう!



■演繹(えんえき)的思考と帰納(きのう)的思考の違いを解説してみる!


今日は、物事を考える時の2つの思考法についてお伝えします。

1つ目が、「演繹(えんえき)的思考」

2つ目が、「帰納(きのう)的思考」です。


演繹的思考は、一般的な前提から、個別的な結論を得る思考法です。

(例)人は必ず死ぬ 。→ だから私もいつかは死ぬ。


帰納的思考は、個別的な事柄から、一般的な規則を見出そうとする思考法です。

(例)あの猫はネズミを追いかける。この猫もネズミを追いかける。→ だから猫はネズミを追いかける生き物だ。


ここで注意点として、演繹的思考は間違うことはありませんが、帰納的思考は間違うことがあります。

(例)ビールは液体。日本酒も液体。ワインも液体。→ だから液体を飲むと酔っぱらう。×


ライフスタイル,起業,演繹的帰納的
−分かり易く図解するとこんな感じ−



だからなんだよっ!?


っと、ツッコミが入りそうですね。 (^▽^;)


実は僕が言いたかったのは、演繹的思考とか帰納的思考とか、そんなことはどうでもよくて、「思考」しよう!

ということです。


この例を持ち出したのは、おそらく色々と考えるだろうと思ったからです。


「人間は考える葦(あし)である」

という、哲学や数学や物理学など多分野におけるフランスの天才“ブレーズ・パスカル”の言葉があります。

意味するところは、「人間は自然の中では矮小な生き物にすぎないが、考えることによって宇宙を超える」というものです。


昨日で仕事納めだった方も多いと思います。

年末休みに、普段は忙しくて考えが及ばなかったことを、いろいろと考えてみたいですね。


例えば、今から100,000,000円稼ぐには、何をすればいいのか?とか・・・



ではまた!

応援クリックお願いします! ⇒


P.S.

この変化の激しい時代において、僕が独立起業する為に何をしたのか?

また、先行き不透明な世の中で、成功し続ける為に何をしているのか?

その秘訣を、具体的にメールマガジン(無料)でお伝えしています。

※広告やアフィリエイトリンクは一切ありません。
※僕が書いた文章のみのメールマガジンです。


メルマガ読者の中から、
「脱サラ⇒独立・起業」の夢を叶えた人が出てきています。

独立・起業すると、人生が変わります。世界がめっちゃ広くなります!

あたなも現状を打破したければ、ぜひご登録ください!

なお、メルマガ登録者には、僕が独立・起業する為に毎日使った
“夢を叶えるシート”をプレゼントします。


★登録はこちらからhttp://appoto.net/mailmagazine/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。