2012年06月17日

『父の日』の由来を知ったら、泣きます

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
世界を目指すコピーライティング起業家☆濱崎佑樹の
【無料メールマガジン】⇒ http://appoto.net/mailmagazine/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



今日は『父の日』ですね。

毎年「6月の第3日曜日」が父の日となっています。


しかし、そんな『父の日』は誰がつくったのでしょうか?

その由来には、とても感動する物語があったのです・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『母の日』がアメリカ合衆国ではじまったのは、1908年のことでした。

母の日ができたことを知ったワシントン州に住む『ジョン・ブルース・ドット夫人』は、翌1909年「母の日があって父の日が無いのはおかしい。父の日もつくって下さい。」と、『牧師協会』へ嘆願したのです。


それには深い理由があったのでした・・・。


ドット夫人が小さい頃、お父さん(ウイリアム・ジャクソン・スマート氏)は北軍の軍人でした。

軍隊での階級は“Sergeant”といいますから日本でいう「軍曹」でした。


1861年4月12日南北戦争がおこってしまいました。

アメリカの悲劇の時代が始まったのです。


南北戦争が終わったのは1865年4月9日でした。

「ドット夫人」のお母さんは、夫のウイリアム氏が北軍に召されている間、女手一つで働きながら一家を支えてきました。

その為、お母さんはすっかり体をこわしてしまい、お父さんの復員後、間もなく死んでしまいました。


そこからお父さんの苦闘が始まったのです。


残された子供達は、男の子5人と女の子が1人でした。

6人の子供達を男手一つで育てるのですから、さぞ大変だったことでしょう。

独立,起業,ウイリアム・ジャクソン・スマート
−6人の子供達を男手一つで育てたウイリアム・ジャクソン・スマート−


お父さんは再婚もせず、生涯独身で働き通したそうです。

今日のような豊かなアメリカではなく、悲劇の時代と言われていた頃のアメリカでしたから、その苦労は大変だったでしょう。


6人兄弟の末っ子の女の子が「父の日」を申請した「ドット夫人」なのです。


「父の日」をつくって下さい。


と末娘が嘆願してから7年後、1916年に『父の日』が認知されるようになりました。

アメリカ合衆国第28代大統領ウイルソン氏の時でした。


そして、1926年、ナショナル ファーザーズ・デイ コミッティがニューヨークで組織され、1972年(昭和47年)になって、アメリカでは国民の祝日となりました。

『父親を尊敬し、称え祝う日』、それが『父の日』なのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



いかがでした?

『父の日』の由来、とても感動しませんか?


僕は目頭が熱くなってきました。(T∇T)


ジョン・ブルース・ドット夫人の思いをしっかりと受け止めて、『父の日』の今日は、自分のお父さんを心から尊敬し、称え祝いましょう☆


方法はなんだっていいと思います。

大切なのは、その“気持ち”です。



ではまた!

APPOTO.Co^ー^濱ア佑樹 “1 Click Please!” ⇒ 人気ブログランキングへ

P.S.
あなたの中に眠っている最高の力を呼び覚ます無料メールマガジン!
独立,起業,メルマガバナー

メルマガ登録者へ無料プレゼント!

⇒あなたが心から望む本当の目標が明確になり
  その達成をサポートする2つのワークシート!!


★登録はこちらから→ http://appoto.net/mailmagazine/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。