2016年01月08日

人は環境の生き物ですが、環境に対する客観性を保てるようになった話

どうも、濱崎佑樹です。


今回は、「人は環境の生き物ですが、環境に対する客観性を保てるようになった話」についてお伝えします。


遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

さて、正月は地元の熊本へ帰省していました。

そして、地元に残っている小学校時代の同級生が企画してくれた同窓会へ参加してきました。

20年振りくらいに合う人もいて、久々の再開に大いに盛り上がりました。


160108_小学校同窓会.jpg
小学校同窓会の集合写真
(顔出しNGの人がいるかもしれなのでぼかし入れてます)



当たり前の話しですが、小学校の頃はみんな同じような感じだったのが、あれから20年ほど経ってそれぞれ違った人生を歩んでいます。

そこで改めて思ったのが、「人は環境の生き物」だということです。

結局、どういう環境で生きてきた・生きているかによって、その人となりが作られているわけです。


「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」というリクルートの社訓がありますが、機会=環境をどのように自ら生み出すか、生み出せるかが人生の決め手になるものですね。

僕は、2011年に起業してから、意図する・しないに関わらず環境を変えまくってビジネスに取り組んできましたが、そのおかげで環境に対する客観性を保てるようになりました。

どういうことかというと、人は環境の生き物ですから環境に染まってしまいますが、そんな自分を客観的に把握できるってことです。

それに加えて、環境に染まっている他人も把握できるってことです。

それの何が良いって、環境変化に容易に対応できることが第一に挙げられますが、人付き合いなど他にも色々メリットはあります。


ということで(どういうことだ!)、今年も頑張っていきますので、皆様よろしくお願いします!


ではまた!



今回の記事が役に立ったり、面白かったら
応援クリックお願いします!⇒


P.S.
「ブログでは言えない話」
メールマガジン(無料)で発行しています!
http://appoto.net/mailmagazine

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。